トップページ > よくあるご質問

よくあるご質問

現在、日本でも販売されている「グリーンパワー」というジューサーは、以前、日本で販売されていた「ケンポ」というジューサーと外観が似ていますし、どちらも160回転ですが、どのような点が違うのでしょうか?

「ケンポ」というジューサーは、3年前まで弊社が取り扱っていたジューサーです。「グリーンパワー」というジューサーが、日本で販売された時点で、メーカーに問い合わせたところ、次のような答えをいただきました。「ケンポ」も「グリーンパワー」も外観も機能も全く同じものです。「グリーンパワー」は、若干後出ですが、異なる点は、ロゴマーク、そして、「グリーンパワー」には、カスを受ける器が付属品として付いているという点のみです。

御社が取り扱っている「グリーンスタージューサー」のメーカーであるTribest社のサイトで、「グリーンパワーゴールドジューサー」という機種が紹介されていました。日本で販売されている「グリーンパワー」というジューサーと何か関係がありますか?

「グリーンパワーゴールド」というジューサーは、1993年5月、世界発明コンテスト(米国ピッツバーグ)において「栄養を損なわない機能を備えた画期的ジューサーの登場」として発明大賞を受けて以来、数多くの賞を受賞してきました。そして、長い間、カナダ、全米において、本物志向の消費者から人気を博しています。しかし、その5年後、韓国において、Kempo Co.,Ltd.(※弊社と同じ名前ですが、関連会社ではありません)という会社が設立され、「ケンポ」というジューサーを製造し始めたところ、それを米国に輸出する際、販売店から「グリーンパワー」という製品名で販売したいという要請があったそうです。それは、Tribest社の「グリーンパワーゴールド」のブランド名にあやかって、消費者に好印象を与えたいという希望のためです。それ以降、その「ケンポ」というジューサーには、「グリーンパワー」という名前が付けられ、現在では日本でも販売されています。つまり、「グリーンパワーゴールド」は、「グリーンパワージューサー」のバージョン違いなどではなく、全く別物ということです。

グリーンスタージューサーでは、できたジュースからは、農薬などが85%も取り除かれると紹介されていますが、なぜ、そのようなことが可能なのですか?

野菜や果物はジュースにすると、素材が繊維と汁に分かれます。生化学の権威者であり、野菜の生汁療法提唱者の1人であるノーマン・ウォーカー氏は、野菜ジュース療法をするにあたって、多くの実験を重ねているうちに、ジュースを圧搾式(スクイーズタイプ)で作ると、分離された繊維素は、農薬や重金属と互いに親和性(※)を持つことを発見しました。※親和性…ある物質が他の物質と容易に結合する性質や傾向。このような特質によって農薬や重金属は繊維につきますので、出来上がったジュースからは農薬や重金属が除かれているということになります。グリーンスタージューサーは、このような根拠に基づき、圧搾式(スクイーズタイプ)で繊維素と汁を分離して搾り出す方式で、農薬と重金属を除去する特殊設計に成功しました。ジューサー部品の一つ一つがノーマン・ウォーカー氏の開発ということではありませんが、彼が最初に発見した事実を、一般のご家庭でも再現できるように開発したのが、当社でお勧めしているグリーンスタージューサーであると言えるでしょう。遠心分離式は、高速で振り回して繊維と汁に分離させる方法ですが、人間が口の中でよく噛んで繊維とジュースに分離させるのは、考えてみれば圧搾式(スクイーズタイプ)です。口内で圧搾式(スクイーズタイプ)によって分離されて腸内に入った繊維素は、多くの有害物質を取り込んで排泄されるのは良く知られていることです。グリーンスタージューサーは、このような点までも精細かつ徹底した研究によって開発された、健康増進・回復を求めるお客様のためのジューサーです。

圧搾式(スクイーズタイプ)で90回転のジューサーが、あるサイトで紹介されています。そのジューサーは、「グリーンスター社」のものであると書いてありますが、健歩で販売しているジューサーと何か関連がありますか?

お客様のおっしゃるジューサーと弊社の「グリーンスタージューサー」はメーカーが異なります。また、ご指摘のサイトで表示してある「グリーンスター社」というメーカーが実際にあるかどうか、弊社では認知しておりません。お客様のおっしゃるジューサーの型番と、「Tribest」社のGold GP−1503というモデルは、型番は確かに少し似ていますね。ちなみに、弊社で扱っております「グリーンスタージューサー」は、米国の「Tribest」社が販売しております「グリーンスタージューサー」と全く同様のものです。その中でもアップグレードのモデルを日本仕様にして正式輸入をしております。

ジューサーの取扱や、後始末が簡単かどうか気になりますが、どうでしょうか?

慣れればとても簡単です。ジューサーの組み立てと搾っている映像がこちらからご覧いただけます。
搾った後のお手入れは、ギアとギアの周辺のプラスチックパーツをさっと水で洗い流すだけできれいになります。少しめんどうに感じるのが、網(スクリーン)の部分です。網をゴシゴシこすって、粕のこびりつきを取ります。でも、これも慣れてくれば、それほど面倒に感じなくなります。

ジュースを搾る時間は、たとえば1リットルではどのくらいかかりますか?

弊社の実験では、2分50秒くらいでした。これは、あらかじめ、人参を縦4つくらいに切っておいたものを搾った時間です。

ジューサーの材質は何ですか?

材質は、直接食材に触れる部分のギア、フィルターは、ステンレス、ボディは、強力プラスチックです。

保証期間や故障の際の対応はどうなっていますか?

保証期間は7年です。本体とギア、付属品を保証いたします。ただし、手入れブラシや濾し器等、時間がたつにつれて摩耗、損耗した場合の交換はいたしておりません。
なお、保障期間以後は交換部品を当社でお求めいただけます。

絞り粕は別のところに出てくるのでしょうか?今使っているジューサーですと、500cc位しぼろうと思うと途中カスを取り出さないといけないのですが、これは沢山でも続けてしぼれるのでしょうか?

グリーンスターは、受け容器を交換すれば何リットルでも搾ることができますが、モーターの加熱を防ぐために、30分程度ご使用になられましたら、一度電源を切って、休んでください。

営業時間:月〜木・・・9:00〜17:00
       金・・・9:00〜12:00

休業日:土、日、祝日、年末年始、
    夏季休業日

ご購入はこちらから

メールでお問い合わせはこちら

ジューサー詳細はこちら

ゲルソン療法の医師もお勧め

結果が出たお客様の声

ジュースレシピ紹介

回復の力になるジュース

名誉あるアライブ社の
健康調理器部門
及び栄養部門で

金賞受賞